オールフリーソフトは最新のWindows OSで使えるフリーソフトを紹介します。
オールフリーソフトは最新のWindows OSで使えるフリーソフトを紹介します。
オールフリーソフト(トップ)文書オフィスLibreOffice→LibreOffice - 更新履歴

LibreOffice - 更新履歴

6.3.3
  • 新しい機能やプログラムの機能強化が含まれている技術マニア向けのLibreOfficeの一番新しい"最新版"です。
    このバージョンは次期のバグ修正版で修正される予定のいくつかの気になるバグが含まれている可能性があります。
    詳細なリリースノートは下記のリストにアクセスしてください。
    LibreOffice 6.3.3は6.3最新版系列の3回目のリリースです。以前のバージョンと比較したバグ修正箇所のリストはRC1、 RC2 で見てください。
    WindowsでOpenGLのレンダリングに関する問題が起こる場合には、レジストリの設定を適用することで完全にOpenGLレンダリングを無効にできます。
    (これはLibreOfficeが起動時にクラッシュするときだけ必要となります。別の方法として、 ツール | オプション → LibreOffice → 表示 のメニューから無効にできます)。
    必要なフラグメントをbugzillaで見つけることができます。
    (.regという拡張子で保存してダブルクリックするだけで適用できます)
6.3.2
  • 新しい機能やプログラムの機能強化が含まれている技術マニア向けのLibreOfficeの一番新しい"最新版"です。
    このバージョンは次期のバグ修正版で修正される予定のいくつかの気になるバグが含まれている可能性があります。
    詳細なリリースノートは下記のリストにアクセスしてください。
    LibreOffice 6.3.2は6.3最新版系列の2回目のリリースです。
    以前のバージョンと比較したバグ修正箇所のリストはRC1、 RC2 で見てください。
    WindowsでOpenGLのレンダリングに関する問題が起こる場合には、レジストリの設定を適用することで完全にOpenGLレンダリングを無効にできます。
    (これはLibreOfficeが起動時にクラッシュするときだけ必要となります。別の方法として、 ツール | オプション → LibreOffice → 表示 のメニューから無効にできます)。
    必要なフラグメントをbugzillaで見つけることができます。
    (.regという拡張子で保存してダブルクリックするだけで適用できます)
6.3.0
  • 新しい機能やプログラムの機能強化が含まれている技術マニア向けのLibreOfficeの一番新しい"最新版"です。
    このバージョンは次期のバグ修正版で修正される予定のいくつかの気になるバグが含まれている可能性があります。
    詳細なリリースノートは下記のリストにアクセスしてください。
    LibreOffice 6.3.0は6.3最新版系列の最初のリリースです。
    WindowsでOpenGLのレンダリングに関する問題が起こる場合には、レジストリの設定を適用することで完全にOpenGLレンダリングを無効にできます。
    (これはLibreOfficeが起動時にクラッシュするときだけ必要となります。別の方法として、 ツール | オプション → LibreOffice → 表示 のメニューから無効にできます)。
    必要なフラグメントをbugzillaで見つけることができます。
    (.regという拡張子で保存してダブルクリックするだけで適用できます)
6.2.4
  • 新しい機能やプログラムの機能強化が含まれている技術マニア向けのLibreOfficeの一番新しい"最新版"です。
    このバージョンは次期のバグ修正版で修正される予定のいくつかの気になるバグが含まれている可能性があります。
    詳細なリリースノートは下記のリストにアクセスしてください。
    LibreOffice 6.2.4は6.2最新版系列の4回目のバグフィックスリリースです。
    以前のバージョンと比較したバグ修正箇所のリストはRC1 と RC2で見てください。
    WindowsでOpenGLのレンダリングに関する問題が起こる場合には、レジストリの設定を適用することで完全にOpenGLレンダリングを無効にできます。
    (これはLibreOfficeが起動時にクラッシュするときだけ必要となります。別の方法として、 ツール | オプション → LibreOffice → 表示 のメニューから無効にできます)。
    必要なフラグメントをbugzillaで見つけることができます。
    (.regという拡張子で保存してダブルクリックするだけで適用できます)
6.2.3
  • 新しい機能やプログラムの機能強化が含まれている技術マニア向けのLibreOfficeの一番新しい"最新版"です。
    このバージョンは次期のバグ修正版で修正される予定のいくつかの気になるバグが含まれている可能性があります。
    詳細なリリースノートは下記のリストにアクセスしてください。
    LibreOffice 6.2.3は6.2最新版系列の3回目のバグフィックスリリースです。
    以前のバージョンと比較したバグ修正箇所のリストはRC1 と RC2で見てください。
    WindowsでOpenGLのレンダリングに関する問題が起こる場合には、レジストリの設定を適用することで完全にOpenGLレンダリングを無効にできます。
    (これはLibreOfficeが起動時にクラッシュするときだけ必要となります。別の方法として、 ツール | オプション → LibreOffice → 表示 のメニューから無効にできます)。
    必要なフラグメントをbugzillaで見つけることができます。
    (.regという拡張子で保存してダブルクリックするだけで適用できます)
6.2.2
  • 新しい機能やプログラムの機能強化が含まれている技術マニア向けのLibreOfficeの一番新しい"最新版"です。
    このバージョンは次期のバグ修正版で修正される予定のいくつかの気になるバグが含まれている可能性があります。
    詳細なリリースノートは下記のリストにアクセスしてください。
    LibreOffice 6.2.1は6.2最新版系列の2回目のバグフィックスリリースです。
    以前のバージョンと比較したバグ修正箇所のリストはRC1 と RC2で見てください。
    WindowsでOpenGLのレンダリングに関する問題が起こる場合には、レジストリの設定を適用することで完全にOpenGLレンダリングを無効にできます。
    (これはLibreOfficeが起動時にクラッシュするときだけ必要となります。
    別の方法として、 ツール | オプション → LibreOffice → 表示 のメニューから無効にできます)。
    必要なフラグメントをbugzillaで見つけることができます。
    (.regという拡張子で保存してダブルクリックするだけで適用できます)
6.2.0
  • 新しい機能やプログラムの機能強化が含まれている技術マニア向けのLibreOfficeの一番新しい"最新版"です。
    このバージョンは次期のバグ修正版で修正される予定のいくつかの気になるバグが含まれている可能性があります。
    詳細なリリースノートは下記のリストにアクセスしてください。
    LibreOffice 6.2.0は6.2最新版系列の最初のリリースです。以前のバージョンと比較したバグ修正箇所のリストはRC1 と RC2で見てください。
    WindowsでOpenGLのレンダリングに関する問題が起こる場合には、レジストリの設定を適用することで完全にOpenGLレンダリングを無効にできます。
    (これはLibreOfficeが起動時にクラッシュするときだけ必要となります。別の方法として、 ツール | オプション → LibreOffice → 表示 のメニューから無効にできます)。
    必要なフラグメントをbugzillaで見つけることができます。
    (.regという拡張子で保存してダブルクリックするだけで適用できます)
6.1.4
  • 新しい機能やプログラムの機能強化が含まれている技術マニア向けのLibreOfficeの一番新しい"最新版"です。
    このバージョンは次期のバグ修正版で修正される予定のいくつかの気になるバグが含まれている可能性があります。
    LibreOffice 6.1.4は6.1最新版系列の4回めリリースです。以前のバージョンと比較したバグ修正箇所のリストはRC1 と RC2で見てください。
    WindowsでOpenGLのレンダリングに関する問題が起こる場合には、レジストリの設定を適用することで完全にOpenGLレンダリングを無効にできます。
    (これはLibreOfficeが起動時にクラッシュするときだけ必要となります。
    別の方法として、 ツール | オプション → LibreOffice → 表示 のメニューから無効にできます)。
    必要なフラグメントをbugzillaで見つけることができます。
    (.regという拡張子で保存してダブルクリックするだけで適用できます)
※このページは公式サイトから引用させていただきました。
引用元
リリースノート ≫ LibreOffice
オールフリーソフト(トップ)文書オフィスLibreOffice→LibreOffice - 更新履歴

セキュリティ
ウイルス対策
スパイウェア対策
 
CD/DVD/Blu-ray
ライティング
DVDコピー
 
ハードウェア
ディスクデフラグ
ハードディスク
 
システム
システム最適化・高速化
テーマ・スタイル
 
インターネット
ブラウザ
メール
 
ファイル/フォルダ
圧縮・解凍
エクスプローラ
 
音声・動画
音声・動画変換,圧縮
動画キャプチャ
 
プレーヤー
マルチメディアプレーヤー
ミュージックプレーヤー
 
画像
画像作成・加工
画像変換・圧縮
 
デスクトップ
プログラムランチャー
デスクトップアクセサリー
 
文書
テキスト・入力関連
オフィス
 
ホーム
地図・交通・旅行
カレンダー
 
オールフリーソフトでバックアップ
 
バージョンアップ情報
 
Windows 8とWindows 8.1について
 
オールフリーソフトでDVDコピー
 
人気ソフトTOP 20
 
Windows 10 対応情報
 
対応OSの表記方法について
 
重要なお知らせ
 
サイトについて
 
サイトマップ
 
ブログ
 
リンク
 
スマホアプリナビ
 
Firefox アドオン
 
Twitter
 
Facebook
 
お問い合わせ
 
RSS
 
マストドン
 
PVランキング
 
Copyright © オールフリーソフト All rights reserved