オールフリーソフトは最新のWindows OSで使えるフリーソフトを紹介します。
オールフリーソフトは最新のWindows OSで使えるフリーソフトを紹介します。
オールフリーソフト(トップ)文書テキスト・入力関連EmEditor Free→EmEditor - 更新履歴

EmEditor - 更新履歴

21.1.4
  • 「Source Han Code JP」フォントに対応しました。
  • 2重引用符で囲まれた埋め込み改行を含むセルのコピーと貼り付けに対応しました。
  • 特定のマクロの記録/実行で EmEditor が異常終了することがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • Windows ツール バーに関する不具合を修正しました。
  • スニペット プラグインのツリー上で (Ctrl+)Enter が動作しないことがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • 非常に長いパスが存在する時、ファイルから検索の結果が正しくないことがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • 全画面モードでメイン メニューがオンの場合に Alt+F などがメイン メニューをトリガーしないことがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • 一時ファイル用のディスク容量が少ないと EmEditor 起動時に異常終了することがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • Direct Write がオフで、水平にスクロールすると、改行マークがタブの位置に表示されてしまうことがある不具合を修正しました。
21.1.3
  • CSV 文書 (非セル選択モード) で文字を挿入するとスクロール位置が文頭に移動することがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • [UTF-8を自動検出] がオンで UTF-8 でないファイルを非同期に開いていると異常終了することがある v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • 分割された文書の切り替えですべてのペインが正しく表示されないことがある v21.1 の不具合を修正しました。
  • 負の小数の数値範囲に関する v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • Direct Write を使用する時のフォントと IME に関する v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • [コメントを縮小可能にする] オプションがオンでアウトラインに関する v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • 特定の条件下で、タブのスタイルがボタンの場合の v21.1 の不具合を修正しました。
  • 本バージョンでは、アウトライン ガイドが以前に設定されていた場合、フィルターを設定して中止した後、アウトライン ガイドを自動的に復元するようになりました。
  • 新バージョンの日本語 IME を使用中に再変換キーを押すと異常終了することがある v21.1 以前からの問題を回避しました。
21.1.2
  • フォントによっては、カーソル位置と実際の文字入力位置がずれることがある Direct Write に関する v20.1.0 の問題を修正しました。
  • Free 版でも [Direct Write を使用する] コマンドを有効にしました。
  • 絵文字 ZWJ シーケンスの “Gendered” 文字のサポート。
  • ウィンドウを分割しても新しいペインがすぐに表示されないことがある v21.1 の不具合を修正しました。
  • アウトライン バーがちらつく v21.1 以前からの問題を修正しました。
  • 複数の異なる解像度 (DPI) モニターを使用していて複数のグループ ウィンドウを表示していると異常終了することがあった v21.1 以前からの問題を修正しました。
  • 特定の条件でツール バーがちらつくことがある不具合を修正しました。
  • ASP ファイルで VBScript キーワードが強調表示されない v21.1 の不具合を修正しました。
  • 非常に暗いモードでシンボル リストのツール バーが正しく表示されない v21.1 以前からの不具合を修正しました。
  • Direct Write を使用してバイナリ(16進数表示)で開いたファイルをスクロールした時に異常終了することがある不具合を修正しました。
21.1.1
  • フォントによっては、カーソル位置と実際の文字入力位置がずれることがある Direct Write に関する v20.1.0 の問題を修正しました。
  • Direct Write を使用すると、グラフィック ドライバーによっては、EmEditor 終了時に異常終了することがあります。
    その場合に、メッセージを表示して、次回から Direct Write がオフになるようにしました。
  • セル ツール バーがちらつく v20.1.0 の問題を修正しました。
  • アウトライン バーがちらつく v20.1 以前からの問題を修正しました。
21.1.0

一般の新機能

  • 既定では、新バージョンでは、マイ マクロの1つを選択またはマクロに割り当てられているショートカット キーを押しても、既定のマクロは変更されないようになりました。
    この動作は、[マクロのカスタマイズ] ダイアログ ボックスの [オプション] ページの [マイ マクロの実行で、それを既定のマクロとして設定する] により変更できます。
  • [マクロ] メニューのマイ マクロの1つで右クリックして表示されるメニューに [既定に設定] コマンドを追加しました。
  • 新バージョンでは、既定で [DirectWrite を使用] が設定されました (速度が最重要の場合には、このオプションをオフにしてください)。
  • 新バージョンでは、カーソルを移動したり、[文字コード値] コマンドを選択した際、OS でサポートされている多くの絵文字シーケンス絵文字 ZWJ シーケンスを正しく表示するようになりました。
  • 結合文字の Unicode の名前のフォーマットを変更しました (AND の代わりにセミコロンを使用しました)。
  • 既定では、インストーラーで、ユーザー毎インストールか、すべてのユーザーへのインストールかを選択するラジオ ボタンを無効にしました。
    「すべてのユーザー(全員)」を選択する方法については、FAQ をお読みください。
  • 様々な動作を高速化しました。

新しい設定

  • [マクロ一時オプション] ダイアログ ボックスに [これを既定のマクロに設定する] と [再描画を抑制する] チェック ボックスを追加しました。
  • [マクロ一時オプション] ダイアログ ボックスで、[…▼] ボタンをクリックした時に表示されるメニューに [(クリップボード)] オプションを追加しました。
  • [高度に開く] ダイアログ ボックスに [これを既定のマクロに設定する] チェック ボックスを追加しました。
  • [マクロのカスタマイズ] ダイアログ ボックスの [オプション] ページに [マイ マクロの実行で、それを既定のマクロとして設定する] チェック ボックスと [既定の言語] オプションを追加しました。

新しいコマンド

  • クリップボードのマクロを実行

プラグインの新機能

  • [単語補完] プラグインで、辞書が非常に大きい場合に、候補リストを開く速度を高速化しました。

マクロの新機能

  • Editor オブジェクトの WriteProfileString メソッドに nType パラメータを追加しました。
21.0.1
  • レイアウト 1 だけでなく、すべてのレイアウトにキーボード ショートカットを割り当てられるようになりました。
  • 既定レイアウトは、レイアウト 1 として「全画面表示」 (F11) 、レイアウト 2 として「集中モード」 (Alt+F1) になりました。
  • Windows 7 のみ: EmEditor の中から更新しようとすると、「eeinst.exe は動作を停止しました。」というメッセージが表示され、異常終了することがある不具合を修正しました。
  • あるマクロを実行して、新しいグループ ウィンドウを作成してから、別のマクロを実行すると、異常終了することがある不具合を修正しました (以前のバージョンでも発生します)。
  • 「偶数行」の色がカスタマイズされている場合、「偶数行」の色が、現在行に反映されないことがあった不具合を修正しました。 (以前のバージョンでも発生します)。
  • 比較の後、ウィンドウ位置が復元されない不具合を修正しました (ポータブル版のみ、以前のバージョンでも発生します)。
21.0.0

一般の新機能

  • [レイアウト] (複数項目) コマンドを追加し、どの UI 要素を表示または非表示にするか、全画面表示に移行するかどうか、また次回 EmEditor を起動時にもレイアウトを保持するかどうかを選択できるようになりました。
    既定では、「集中モード」(F11) と「全画面表示」レイアウトが定義されました。
  • コマンド ライン オプションに /layout スイッチを追加しました。
  • ファイルに非常に長い行が存在する場合の選択範囲の変更、スクロール、正規表現を使用する置換の速度を高速化しました。
  • 新バージョンでは、記録したマクロの保存/編集時、editor.ExecuteCommandByID の後に、コマンド名をコメントとして追加するようになりました。

新しい設定

  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスに [レイアウト] ページを追加しました。
  • クリップボード履歴のメニューに [HTMLで挿入] コマンドを追加しました。
  • 新バージョンでは、クリップボードに HTML フォーマットが含まれている場合、[クリップボードの履歴を表示] ボタンに [HTMLで貼り付け] ボタンを追加しました。
  • [マクロ一時オプション] ダイアログ ボックスに、[マクロ] テキスト ボックス、[…] ボタン、[繰り返し回数を設定する] チェック ボックス、[開いた各文書に対してマクロを実行する] チェック ボックス、[名前] リスト ボックス、[追加] ボタン、[削除] ボタン、[>] ボタン、[マクロ実行後に各文書を保存して閉じる] チェック ボックス、[オプションを保存する] チェック ボックスを追加しました。

新しいコマンド

  • HTMLで貼り付け
  • 集中モードのカスタマイズ
  • レイアウト
  • メイン メニュー

プラグイン API の新機能

  • Editor_EditColumn インライン関数と EDIT_COLUMN_INFO 構造体 に、COLUMN_DELETE、COLUMN_SELECT、COLUMN_SELECT_NO_HEADINGS フラグを追加しました。

マクロの新機能

  • Document オブジェクトに DeleteColumn メソッドを追加しました。
  • Selection オブジェクトに SelectColumn メソッドを追加しました。
20.9.2
  • Windows 7 のみ: EmEditor の中から更新しようとすると、「コンピューターに api-ms-win-core-path-l1-1-0.dll がないため、プログラムを開始できません。」というメッセージが表示されて更新できない。
  • [プラグインの設定] ダイアログ ボックスで OK をクリックすると、アウトライン ガイドが消える。
  • スニペット プラグイン: 各スニペット項目のプロパティで [OK] または [編集] ボタンをクリックすると、テキストが長く、非アスキー文字が含まれている場合に、テキストが正しく保存されない。
  • スニペット プラグイン: 非アスキー文字列でトリガーしない。
  • エクスポート/インポート ウィザード: [すべての設定を INI ファイルにエクスポートする] を選択すると、パスを設定した後にもう一度フォルダーを参照するダイアログが表示される。
  • CSV ファイル タブをクリックすると、ファイルのパスがセルに貼り付けられる。
※このページは公式サイトから引用させていただきました。
引用元
ブログ - EmEditor (テキストエディタ)
履歴 - EmEditor (テキストエディタ)
オールフリーソフト(トップ)文書テキスト・入力関連EmEditor Free→EmEditor - 更新履歴

セキュリティ
ウイルス対策
スパイウェア対策
 
CD/DVD/Blu-ray
ライティング
DVDコピー
 
ハードウェア
ディスクデフラグ
ハードディスク
 
システム
システム最適化・高速化
テーマ・スタイル
 
インターネット
ブラウザ
メール
 
ファイル/フォルダ
圧縮・解凍
エクスプローラ
 
音声・動画
音声・動画変換,圧縮
動画キャプチャ
 
プレーヤー
マルチメディアプレーヤー
ミュージックプレーヤー
 
画像
画像作成・加工
画像変換・圧縮
 
デスクトップ
プログラムランチャー
デスクトップアクセサリー
 
文書
テキスト・入力関連
オフィス
 
ホーム
地図・交通・旅行
カレンダー
 
オールフリーソフトでバックアップ
 
バージョンアップ情報
 
Windows 8とWindows 8.1について
 
オールフリーソフトでDVDコピー
 
人気ソフトTOP 20
 
Windows 10 対応情報
 
対応OSの表記方法について
 
重要なお知らせ
 
サイトについて
 
サイトマップ
 
ブログ
 
リンク
 
スマホアプリナビ
 
Firefox アドオン
 
Twitter
 
Facebook
 
お問い合わせ
 
RSS
 
マストドン
 
PVランキング
 
Copyright © オールフリーソフト All rights reserved