オールフリーソフトは最新のWindows OSで使えるフリーソフトを紹介します。
オールフリーソフトは最新のWindows OSで使えるフリーソフトを紹介します。
オールフリーソフト(トップ)文書テキスト・入力関連EmEditor Free→EmEditor - 更新履歴

EmEditor - 更新履歴

22.0.1
  • Windows 11 Update (Version 22H2) で指定するページのみを印刷することができなかった問題を回避しました (例えば、[印刷] ダイアログで 3ページ目のみを指定して印刷しようとしても 1ページ目が印刷されていました)。
  • EmEditor Free で [検索]/[置換] ダイアログ ボックスの [>] ボタンをクリックしたときに表示されるメニューに [あいまい一致のオプション] が残っていた不具合を修正しました。
    [あいまい一致のオプション] は、EmEditor Professional でのみ利用可能です。
  • v22.0.0 では、[ファイル エクスプローラ] で [登録されている拡張子は表示しない] オプションがオンになっていても、ファイル拡張子が表示されるようになりましたが、元に戻しました。
  • テキスト スタイルのための異体字セレクタ (VS15)(U+FE0E) を含む絵文字シーケンスに対応しました。
  • CSVモードまたは複数選択で一括置換が正しく動作しないことがあった v22.0 以前からの不具合を修正しました。
  • CSVセル選択モードで最後の行が空の場合に最後の改行がコピーされなかった v22.0 以前からの不具合を修正しました。
  • 巨大ファイルで [次の次の文字列を選択に追加] コマンドに関する v22.0 以前からの不具合を修正しました。
  • [EmEditor高速起動] オプションがオンの場合、EmEditor 起動時間を表示しないようにしました。
22.0.0

一般の新機能

  • 「あいまい一致」機能を追加し、類似文字列の一致を利用して検索、フィルター、CSVの結合などを実現しました。
    EmEditor Professional では、この機能には複数のオプションを含んでいますが、EmEditor Free では [類似する文字列に一致] オプションのみが利用可能です。
  • 検索ツール バーとフィルター ツール バーに [あいまい一致] ボタンを追加しました。
  • メール メッセージ ヘッダーで使われる MIME Encoded-Word (Base64) を強調表示して、その上にマウスをポイントすると、ツールチップでデコードされた文字列を表示することができるようになりました。
    既存の [Base64をプレーン テキストに変換 (現在のエンコード、または UTF-8)] コマンドを使って、それらの文字列をデコードすることができるようになりました。
  • クリップボード履歴で右クリックした時に表示されるメニューに [文字で挿入]、[行で挿入]、[箱型で挿入]、[セルで挿入] コマンドを追加しました。
  • 既定のメイン メニューはデザインが変更され、[挿入]、[変換]、[ブックマーク]、[並べ替え]、[プラグイン] ポップアップ メニューをトップに含むようになりました。
    この変更により、メニューを複数回クリックしなくても、よく使うコマンドにアクセスできるようになりました。
    [挿入] メニューの中の [発音区分符号]/[設定] コマンドにより、対応するショートカット キーを覚えなくてもこれらの特殊文字を入力できるようになりました。
  • Unicode 名、東アジアの文字幅、Unicode 用字、Unicode 一般カテゴリ プロパティについて、Unicode 15.0 に対応しました。

新しい設定

  • [検索]、[置換]、[ファイルから検索]、[ファイルから置換] ダイアログ ボックスに [あいまい一致] チェック ボックスを追加しました。
  • [検索]、[置換]、[ファイルから検索]、[ファイルから置換] ダイアログ ボックスに […] (あいまい一致のオプション) を追加しました。
  • [連続検索]、[連続置換]、[ファイルから連続検索]、[ファイルから連続置換]、[高度なフィルター] ダイアログ ボックスに [あいまい一致] チェック ボックスと […] (あいまい一致のオプション) を追加しました。
  • [CSV の結合] ダイアログ ボックスに [あいまい一致] チェック ボックスと […] (あいまい一致のオプション) を追加しました。
  • [あいまい一致のオプション] ダイアログ ボックスと [文字列/文字範囲] ダイアログ ボックスを追加しました。
  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [CSVフォーマット] ページに、[行ヘディング] テキスト ボックスを追加しました。

新しいコマンド

  • あいまい一致 (フィルター ツール バー)
  • あいまい一致 (検索ツール バー)

プラグインの新機能

  • ブランチの比較機能を追加して、コミット リスト プラグインを改善しました。
  • FILTER_INFO_EX、FIND_REGEX_INFO_EX、FIND_REPLACE_INFO、GREP_INFO_EX、MATCH_REGEX_INFO_EX 構造体に FLAG_FIND_FUZZY フラグを追加しました。
  • Editor_BatchFindReplace、Editor_Filter、Editor_FindReplace インライン関数に FLAG_FIND_FUZZY フラグを追加しました。
  • JOIN_INFO 構造体と Editor_Join インライン関数に JOIN_FLAG_FUZZY フラグを追加しました。

マクロの新機能

  • Selection オブジェクトの Find、Replace メソッド、Editor オブジェクトの FindInFiles、ReplaceInFiles メソッド、Document オブジェクトの Filter メソッド、そして Filters コレクションの Add、AddFind、AddReplace メソッドに eeExFindFuzzy フラグを追加しました。
  • Editor オブジェクトの Join メソッドに eeJoinFuzzy フラグを追加しました。
  • Regex オブジェクトに Fuzzy プロパティを追加しました。
  • FuzzyOptions オブジェクト、CharacterRange オブジェクト、CharacterRanges コレクションを追加しました。
  • Editor オブジェクトに FuzzyOptions プロパティを追加しました。
  • Csv オブジェクトに、RowHeading プロパティを追加しました。
  • [CSVの結合] コマンドをマクロに記録することができるようになりました。
21.9.1
  • v21.9.1 は、v22.0 beta 1 (21.9.901) から beta 2 (21.9.902) までのすべての不具合修正を含みます。
21.9.0

一般の新機能

  • 新バージョンは、更新された [コミット リスト] プラグインにより、Git の変更とステージング済み変更を容易に表示できるようになりました (プラグインの新機能を参照)。[P]
  • 新バージョンは各変更行の比較結果の表示を改善し、文書を変更すると比較結果を動的に更新するようになりました。[PF]
  • 比較のためにウィンドウが分割されている時、[前の変更]、[次の変更]、[前の変換文字]、[次の変更文字] ボタンを文書タイトルに追加しました。[PF]
  • 新バージョンは任意の CSV 列を非表示または再表示できるようになりました。[P]
  • 新バージョンは任意の CSV 列を右揃えまたは中央揃えできるようになりました。[P]
  • 新バージョンは、列ヘディングだけでなく行ヘディングも設定できるようになりました (ウィンドウ枠の固定)。[P]
  • 既定のメイン メニュー、コンテキスト メニュー、ルーラー メニューのデザインを変更しました。
    新バージョンは、エディター ビューの左上の長方形の領域を右クリックすると、文書全体が選択されると同時に新しいポップアップ メニューを表示するようになりました。[PF]
  • 既定のメイン メニューに [CSV] サブ メニューを含め、CSV に関連するほとんどのコマンドにアクセスできるようになりました。
    新バージョンは、CSV 列ヘディングを右クリックすると、新しいポップ アップ メニューを表示するようになりました。[P]
  • 次の変更文字 (Ctrl+F7)、前の変更文字 (Ctrl+Shift+F7) の既定のキーボード ショートカットを変更しました。[PF]
  • 表示ボーダーを越えてテキストを選択する時のスクロール速度を調節しました。エディタ ビューからマウスを離れて移動するばするほど、スクロールが高速になります。
    マウスをさらに離すと、文書の一番上/一番下 (左端/右端) にスクロール位置が移動します。[PF]

新しい設定

  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [CSV オプション] ページに [数値の列を右揃えにする] チェック ボックスを追加しました。

新しいコマンド

  • 列の非表示[P]
  • 列の再表示[P]
  • 前の変更文字[PF]
  • 次の変更文字[PF]
  • 行ヘディング 0[P]
  • 行ヘディング 1[P]
  • 行ヘディング 2[P]
  • 行ヘディング 3[P]
  • 行ヘディング 4[P]
  • 左揃え[P]
  • 中央揃え[P]
  • 右揃え[P]

プラグインの新機能

  • [コミット リスト] プラグインの新バージョンでは、[変更] サイドバーが追加され、変更とステージング変更のリストを表示することができるようになりました。
  • [コミット リスト] プラグインの新バージョンは、[以前と比較] コマンドを選択した時、ファイルを書き換え禁止として開くようになり、現在の文書の履歴を表示する速度を改善しました。
  • EE_EXTRACT_FREQUENT メッセージ、EXTRACT_FREQUENT_INFO 構造体、Editor_ExtractFrequent インライン関数を追加しました。
  • [単語補完] プラグインの新バージョンは、候補リストが表示中に、Ctrl+Space が ↓ キー、Ctrl+Shift+Space が ↑ キーの代わりに使用できるようになりました。

マクロの新機能

  • Selection オブジェクトに ExtractFrequent メソッドを追加しました。
21.8.1
  • v21.8.1 は、v21.8 beta 1 (21.8.901) から beta 6 (21.8.906) までのすべての不具合修正を含みます。
21.8

一般の新機能

  • コミット リスト プラグインを追加し、現在の文書の Git 履歴を表示できるようになりました。
  • [連続置換] ダイアログ ボックスの [すべて一括置換]、[ファイルから連続検索/置換] ダイアログ ボックスの [一括検索]、[ファイルから連続置換] ダイアログ ボックスの [すべて一括置換] において、正規表現、数値範囲表現を検索文字列の一覧に含めることができるようになりました。
  • 新しいバージョンでは、[ファイルから検索] で、ファイルのタイム スタンプの範囲を指定して検索できるようになりました。
  • 分割ウィンドウで比較時、文書の上に文書のタイトルを表示するようにしました。
  • 新しいバージョンでは、ウィンドウのサイズを変更するにつれて、それに比例して分割境界を自動的に調節するようになりました。
  • フィルターを設定して一致が無い場合、フィルターを中止時に、カーソル位置をフィルター前の状態に元に戻すようになりました。

新しい設定

  • [フィルター抽出オプション] ダイアログ ボックスを追加しました。
  • [高度] ダイアログ ボックス ([ファイルから検索]) に、[最古の更新日] と [最新の更新日] オプションを追加しました。

新しいコマンド

  • 分割表示
  • 抽出オプション

新しいプラグイン

  • コミット リスト プラグイン

プラグインの新機能

  • EE_INFO_EX メッセージ、INFO_EX_DATA 構造体、Editor_DocInfoEx インライン関数を追加しました。
  • EI_GET_CONFIG、EI_SET_CONFIG、EI_SAVE_FILE、EI_INDEX_TO_DOC_REAL、EI_DOC_TO_INDEX_REAL、EI_GET_TITLE、EI_SET_TITLE を EE_INFO メッセージに追加しました。
  • hDoc パラメータを EE_GET_MODIFIED、EE_GET_LINES メッセージに追加しました。
  • hDoc フィールドを GET_LINE_INFO 構造体に追加しました。
  • Editor_DocGetModified、Editor_DocGetLines、Editor_GetLineW インライン関数に別のフォームを追加しました。
  • FILTER_INFO_EX 構造体に nVisibleLinesAbove と nVisibleLinesBelow フィールドを追加しました。

マクロの新機能

  • Document オブジェクトの Filter メソッドに nVisibleLinesAbove と nVisibleLinesBelow パラメータを追加しました。
  • Document オブジェクトに Title プロパティを追加しました。
21.7.2
  • v21.7.2 は、v21.8 beta 7 (21.7.907) から beta 11 (21.7.911) までのすべての不具合修正を含みます。
21.7.1
  • v21.7.1 は、v21.8 beta 1 (21.7.901) から beta 6 (21.7.906) までのすべての不具合修正を含みます。
21.7.0

一般の新機能

  • 新バージョンは、[比較] コマンド、または [オプションを指定して比較] コマンドを実行した時、ファイルの比較の結果を、既定では、1 つの左右に分割されたウィンドウに表示するようになりました。
    設定により従来のようにウィンドウを並べて表示することも可能です。
  • 新バージョンは、読み直し前にスクロール位置が最下部の場合、ファイルの読み直しでスクロール位置が最下部を保持するようになりました。
  • 設定のプロパティの [ファイル] ページで [すべて自動検出] オプションが設定されている場合で、検出されたエンコードが Windows でサポートされていない場合 (VISCII など)、新バージョンは、システム既定エンコードとして継続して開くようになり、通知を表示するようになります。
  • URI 強調表示を改善しました。
  • CSV 選択モードで行選択の改善。
  • 水平グリッドの既定のスタイルを点線から標準に変更し、垂直区切り線の描画速度を向上しました。
  • C++ を含む設定でインデント終了の正規表現の既定値を変更しました。
  • [連続置換] ダイアログ ボックスで [すべて一括置換] をサポートしました。
    [すべて連続置換] は文書から 1回に 1個ずつ文字列を検索して、その検索を各検索文字列に対して繰り返しますが、[すべて一括置換] は文書からすべての検索文字列を同時に検索します。
    [すべて一括置換] は [すべて連続置換] よりも高速に動作します。詳しくは、[すべて連続置換] と [すべて一括置換] の違いをお読みください。

新しい設定

  • [連続置換] ダイアログ ボックスと [ファイルから連続置換] ダイアログ ボックスに [すべて一括置換] ボタンを追加しました。
  • [ファイルから連続検索] ダイアログ ボックスと [ファイルから連続置換] ダイアログ ボックスに [一括検索] ボタンを追加しました。
  • [ファイルの比較] ウィザードの [表示オプションの選択] ページに [左右に分割する] ラジオ ボタンを追加しました。
  • [カスタマイズ] ダイアログの [ファイル] ページに [EmEditor がアクティブな時だけファイルを監視する] オプションを追加しました。

プラグインの新機能

  • BATCH_INFO 構造体に FLAG_FIND_MULTI フラグを追加しました。
  • LOAD_FILE_INFO_EX 構造体に LFI_DONT_ADD_RECENT フラグを追加しました。
  • Editor_Compare インライン関数と COMPARE_INFO 構造体に COMPARE_SPLIT_VERT フラグを追加しました。

マクロの新機能

  • Selection オブジェクトの BatchReplace メソッドと Editor オブジェクトの BatchFindInFiles メソッドと BatchReplaceInFiles メソッドに eeExFindMulti フラグを追加しました。
  • Editor オブジェクトの Compare メソッドに eeCompareSplitVert フラグを追加しました。
21.6.1
  • 設定のプロパティの [文字チェック] ページの [用字]/[一般カテゴリ] の選択に関する不具合を修正しました。
  • ステータス バー メッセージに関する不具合を修正しました。
  • 新バージョンは高度なフィルターがアクティブな時でもフィルター ツール バーのフィルター ボックスを読み取り専用にしないようになりました。
  • 設定のプロパティの [表示] ページで [下線色] がテーマに保存されなかった不具合を修正しました。
  • コードの最適化によりプログラム サイズを小さくしました。
  • 検索色に関する v21.6 の不具合を修正しました。
  • 巨大ファイルに対する [行/列の入れ替え] コマンドに関する動作不良の可能性を修正しました。
  • 巨大ファイルを保存直後に「ファイル操作中に致命的なエラーが発生しました。」というメッセージが表示されてしまうことがあった不具合を修正しました。
  • 論理プロセッサーが1個のマシンで非 Unicode ファイルを保存中に異常終了する可能性があった不具合を修正しました。
  • 新バージョンでは、Filters コレクションの Add メソッド、AddFind メソッド、AddReplace メソッドに eeExFindLinkFile フラグを使用できるようになりました。
21.6.0

一般の新機能

  • 新バージョンは、設定のプロパティの [文字チェック] ページを設定する時、Unicode 用字と Unicode 一般カテゴリを使用して文字範囲を指定できるようになりました。(EmEditor Professional と EmEditor Free)
  • 新バージョンは、[文字コード値] コマンドで、Unicode 用字と Unicode 一般カテゴリを表示するようになりました。(EmEditor Professional と EmEditor Free)
  • すべての可能な絵文字シーケンスをサポートしました。(EmEditor Professional と EmEditor Free)
  • Unicode 名前データベースを Unicode v14.0.0 に更新しました。(EmEditor Professional と EmEditor Free の両方)
  • 置換表現構文に \T と \D 表現を追加しました。これらの表現は、異なるフォーマットで表現された複数の日付/時刻を 1 つの日付/時刻フォーマットに変換したい時に役立ちいます。
    例えば、一致した日付が「2022-03-31」、置換表現が「\Dm/d/yyyy」の場合、結果は「3/31/2022」になります。(EmEditor Professional と EmEditor Free)
  • 置換表現構文に \Nc、\Nd、\NC と \ND 表現を追加し、文字列の正規化を行うことができるようになりました。(EmEditor Professional と EmEditor Free)
  • 新バージョンは、エクスプローラよりファイルを、[フィルター] ツール バーの [フィルター] ボックス、[高度なフィルター]、[連続検索]、[連続置換]、[ファイルから連続検索/置換] ダイアログ ボックスのリスト ボックスにドラッグ ドロップしてリンク ファイルを作成できるようになりました。
    リンク ファイルには、改行で区切られた複数の検索文字列を含めることができます。(EmEditor Professional のみ)
  • [フィルター] ツール バーの [すべて抽出] ボタンは、ドロップ ダウン ボタンになり、そのボタンをクリックすることによりメニューが表示され、[すべての行を抽出] と [一致した文字列を抽出] コマンドから選択できるようになりました。
    [一致した文字列を抽出] コマンドは、複数の文字列が一致した場合、各行につき 1個の文字列のみ抽出されます。(EmEditor Professional のみ)
  • 多くの (正規表現や数値範囲でない) 検索文字列が [前の条件との論理和] オプションで結合されている場合、[高度なフィルター] コマンドの動作を著しく高速化しました。(EmEditor Professional のみ)
  • 条件として [… は … を含む]、[… は … から始まる]、[… は … で終わる] が選択されている場合の [CSVの結合] コマンドを大幅に高速化しました。(EmEditor Professional のみ)
  • 多くの検索文字列が定義されている場合、[検索] ダイアログ ボックスで [複数検索] の動作を大幅に高速化しました。(EmEditor Professional のみ)

新しい設定

  • [高度なフィルター] ダイアログ ボックスに [リンク ファイル] チェック ボックスと [追加] ボタンの右に [▼] を追加しました。[▼] の部分をクリックすると、ファイルをリンクとして追加できるようになります。
    リンク ファイルには、改行で区切られた複数の検索文字列を含めることができます。
    リンク ファイルは、UTF-16LE (BOM付き)、UTF-8 (BOM付き) または UTF-8 (BOM無し) でエンコードされている必要があります。(EmEditor Professional のみ)
  • [連続検索]、[連続置換]、[ファイルから連続検索]、[ファイルから連続置換] ダイアログ ボックスの [連続へ追加] ボタンの右に [▼] を追加しました。[▼] の部分をクリックすると、ファイルをリンクとして追加できるようになります。
    ファイルには、改行とタブで区切られた複数の検索文字列を含めることができます (タブは検索文字列と置換文字列を区別するために使います)。
    [連続検索]、[連続置換] ダイアログ ボックスのリスト ボックスにリンク ファイルが含まれている場合で、[次を複数検索] または [前を複数検索] ボタンを選択する場合、[一致する文字列を数える] オプションは無視されます。
    (EmEditor Professional のみ)
  • [フィルター] ツール バーの [すべて抽出] ボタンはドロップ ダウン ボタンになり、そのボタンをクリックするとコンテキスト メニューを表示して [すべての行を抽出] コマンドと [一致した文字列を抽出] コマンドから選択することができるようになりました。(EmEditor Professional のみ)
  • [文字範囲] ダイアログ ボックスに [Unicode用字] リスト ボックスと [Unicode一般カテゴリ] リスト ボックスを追加しました。(EmEditor Professional と EmEditor Free)
  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [ステータス] ページに [選択モード] 項目を追加しました。(EmEditor Professional のみ)
  • [カスタマイズ] ダイアログ ボックスの [履歴] ページから [ブックマークはクリアしない] チェック ボックスを削除し、[履歴] ページに [ブックマークを保存する] オプションのための [日間] テキスト ボックスを追加しました。(EmEditor Professional のみ)

新しいコマンド

  • 一致した文字列を抽出 (フィルター ツール バー) (EmEditor Professional のみ)

プラグインの新機能

  • EE_INFO メッセージに EI_SET_FILE_NAMEW パラメータを追加しました。(EmEditor Professional のみ)
  • FILTER_INFO_EX 構造体と Editor_Filter インライン関数に FLAG_FIND_LINK_FILE フラグを追加しました。(EmEditor Professional のみ)

マクロの新機能

  • Document オブジェクトの Name プロパティを使用して、文書のファイル名をリネームできるようになりました。
    文書が無題の場合、ファイルを保存しないで文書のタイトルを変更します。(EmEditor Professional のみ)
  • Document オブジェクトの Filter メソッドに eeExFindLinkFile フラグを追加しました。(EmEditor Professional のみ)
21.5.2
  • [非表示文字を警告する] オプションがオンの場合、特定の絵文字シーケンスでフリーズすることがあった不具合を修正しました。
  • [1行上/下へ] コマンドでブックマークが消えることがある v21.5 以前からの問題を修正しました。
  • 新バージョンでは、正規表現エラーが発生すると [ファイルから検索] を停止するようになりました。
  • 単語の後スペースが続く場合、[1単語左へ] コマンドの動作を変更しました。
  • 行が折り返された状態で選択範囲のエンコード/デコード コマンドの後の垂直スクロール位置を調整しました。
  • 一部のコンピューターでマクロが非同期に実行されている場合に alert(), confirm(), prompt() メソッドでマクロが停止できなくなる問題を修正しました。
  • お客様から報告された不具合を修正しました (1)。
  • XML ファイルをオープン中に異常終了する可能性があった不具合を修正しました (ファイルをオープン中に構文チェックを避けました)。
  • より多くの絵文字 ZWJ シーケンスをサポートし、文字チェックの動作を修正しました。
  • [固定箱型選択] モードの場合、1行のみが選択されている場合でも [検索]/[置換] ダイアログ ボックスの [選択範囲のみ] オプションが設定されてしまう問題を修正しまし
※このページは公式サイトから引用させていただきました。
引用元
ブログ - EmEditor (テキストエディタ)
履歴 - EmEditor (テキストエディタ)
オールフリーソフト(トップ)文書テキスト・入力関連EmEditor Free→EmEditor - 更新履歴

セキュリティ
ウイルス対策
スパイウェア対策
 
CD/DVD/Blu-ray
ライティング
DVDコピー
 
ハードウェア
ディスクデフラグ
ハードディスク
 
システム
システム最適化・高速化
テーマ・スタイル
 
インターネット
ブラウザ
メール
 
ファイル/フォルダ
圧縮・解凍
エクスプローラ
 
音声・動画
音声・動画変換,圧縮
動画キャプチャ
 
プレーヤー
マルチメディアプレーヤー
ミュージックプレーヤー
 
画像
画像作成・加工
画像変換・圧縮
 
デスクトップ
プログラムランチャー
デスクトップアクセサリー
 
文書
テキスト・入力関連
オフィス
 
ホーム
地図・交通・旅行
カレンダー
 
オールフリーソフトでバックアップ
 
バージョンアップ情報
 
Windows 8とWindows 8.1について
 
オールフリーソフトでDVDコピー
 
人気ソフトTOP 20
 
Windows 11 対応情報
 
対応OSの表記方法について
 
重要なお知らせ
 
サイトについて
 
サイトマップ
 
ブログ
 
リンク
 
スマホアプリナビ
 
Firefox アドオン
 
Twitter
 
Facebook
 
お問い合わせ
 
RSS
 
マストドン
 
PVランキング
 
Copyright © オールフリーソフト All rights reserved