オールフリーソフトは最新のWindows OSで使えるフリーソフトを紹介します。
オールフリーソフトは最新のWindows OSで使えるフリーソフトを紹介します。
オールフリーソフト(トップ)ハードウェアディスクデフラグすっきり!! デフラグ→すっきり!! デフラグ - 更新履歴

すっきり!! デフラグ - 更新履歴

4.79.06
  • いくつかの箇所で行っているファイルサイズの求め方が、C言語のライブラリとしては動作が保証されない書き方になっており、潜在的な脆弱性となっていたため、正しい書き方に修正。
4.79.05
  • 共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。Windows 10の各エディションの判別に対応他。
  • インストール版について、インストール開始の情報表示時のフォントを統一。
4.79.04
  • 正式版として公開。
  • 「ログオン時に前回ログオン情報を表示する」が設定されていて自動ログオンをしようとしたときに、この設定を一時的にオフにするようにした。
  • ヘルプ中の「トレンドマイクロのウイルスバスターによる連続誤検知問題 - 解決その後のお話 - ウイルスバスター関連で良くない話を聞きまして」を最新情報に更新。
4.79.03β
  • 「ログオン時に前回ログオン情報を表示する」が設定されていて自動ログオンをしようとしたときに、この設定を一時的にオフにするようにした。
  • ヘルプ中の「トレンドマイクロのウイルスバスターによる連続誤検知問題 - 解決その後のお話 - ウイルスバスター関連で良くない話を聞きまして」を最新情報に更新。
4.79.02
  • 正式版として公開。
  • ブラウザ起動を必要とする箇所において、起動に失敗した場合にエラーメッセージを表示できていない箇所があったため修正。
  • Windows 10への対応―――Windows 10においても、Windows 8と同様の「デフラグに代わり機器種別に応じた最適化」が行われること
    (例:対象ドライブがSSDならば再トリム)が確認できたので、プログラム上とヘルプ中の表示を修正/Windows 10においては、「シェル起動前に実行」の仕様が変更され、
    Runonceに登録したプログラムの実行が完了しなくても、タスクバー等シェルの実行が開始されてしまうようであるため、
    Windows 10では「すっきり実行の方法」の方法として「シェル起動前に実行」が選べないようにした/
    Microsoft アカウントを紐づけてWindowsへのログオンを行っている場合、高確率で、ユーザー名とログオンIDが異なるようであるため、
    「設定」ボタン→「自動ログオン」タブにおけるユーザー名入力欄のリードオンリー属性を廃止し、再入力を奨励する作りに変更。
  • インストーラが日本語以外の環境で動作した場合の配慮を追加。
  • 共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。.NET Framework 4.6やWindows 10への対応。
※このページは公式サイトから引用させていただきました。
引用元
更新履歴 - すっきり!! デフラグのヘルプ
オールフリーソフト(トップ)ハードウェアディスクデフラグすっきり!! デフラグ→すっきり!! デフラグ - 更新履歴

セキュリティ
ウイルス対策
スパイウェア対策
 
CD/DVD/Blu-ray
ライティング
DVDコピー
 
ハードウェア
ディスクデフラグ
ハードディスク
 
システム
システム最適化・高速化
テーマ・スタイル
 
インターネット
ブラウザ
メール
 
ファイル/フォルダ
圧縮・解凍
エクスプローラ
 
音声・動画
音声・動画変換,圧縮
動画キャプチャ
 
プレーヤー
マルチメディアプレーヤー
ミュージックプレーヤー
 
画像
画像作成・加工
画像変換・圧縮
 
デスクトップ
プログラムランチャー
デスクトップアクセサリー
 
文書
テキスト・入力関連
オフィス
 
ホーム
地図・交通・旅行
カレンダー
 
オールフリーソフトでバックアップ
 
バージョンアップ情報
 
Windows 8とWindows 8.1について
 
オールフリーソフトでDVDコピー
 
人気ソフトTOP 20
 
Windows 10 対応情報
 
対応OSの表記方法について
 
重要なお知らせ
 
サイトについて
 
サイトマップ
 
ブログ
 
リンク
 
スマホアプリナビ
 
Firefox アドオン
 
Twitter
 
Facebook
 
お問い合わせ
 
RSS
 
マストドン
 
PVランキング
 
Copyright © オールフリーソフト All rights reserved