オールフリーソフトは最新のWindows OSで使えるフリーソフトを紹介します。
オールフリーソフトは最新のWindows OSで使えるフリーソフトを紹介します。
オールフリーソフト(トップ)ホーム地図・交通・旅行Google Earth→Google Earth - 更新履歴

Google Earth - 更新履歴

7.3.2

変更点

  • 場所パネル: 複数項目の選択、移動、削除、パフォーマンスが改善されました。
  • ネットワーク キュリティの更新と修正: 証明書のサポートが改善されました。
  • CSV インポートの改善: 従来の Mac ファイル形式、複数行のテキスト フィールドがサポートされるようになりました。
  • 地面オーバーレイ エディタ: 回転の不具合、回転ハンドルの位置を修正しました。
  • 印刷プレビュー: 固定のマウスホイールのズーム、ディスプレイ更新の問題を修正しました。
  • 言語: 未翻訳部分、キーボード ショートカット、UI 要素を修正しました。
  • 表ツール: 安定性、レイアウト、データ同期が改善されました。
  • ツアーガイドはデフォルトで非表示に設定され、Earth プロのユースケースが反映されるようになりました。
  • Windows: Earth を複数のユーザー セッションで同時に実行できるようになりました。
  • Windows: 高解像度のモニター表示が改善されました。
  • Windows 64: ジョイスティック サポート、建物の 3D 表示を非表示にする際のクラッシュ、COM アプリケーション(例: ガーミン ベースキャンプ)のインターフェースを修正しました。
7.3.1

変更点

  • Windows 64 ビット: アプリケーションが 64 ビット版になりました。
  • Windows: セキュリティで保護されたサーバーによる SSL クライアント認証がサポートされるようになりました。
  • Windows: DirectX モードの安定性が改善されました。
  • Linux: 印刷、埋め込み型動画、音声に関するサポートが改善されました。
  • 大容量の KML ファイルによるパフォーマンスが向上しました。
  • セキュリティで保護された接続と証明書エラーの処理に関するサポートが改善されました。
  • 180 度子午線上に表示されるポリゴンがときどき消える問題を修正しました。
  • CSV インポート ツールのユーザー インターフェースの問題が修正され、Unicode のサポートが改善されました。
  • 修復ツールが改善されました。
  • 高度プロファイル ツールの測定結果の一貫性が向上しました。
  • ユーザー インターフェース全体の翻訳が改善されました。
  • GPS デバイスのライブモード機能を復元しました。
  • 更新頻度の高いディスプレイとの互換性の問題を修正しました。

報告されている問題

  • Windows: 32 ビットから 64 ビットのアプリケーションへのアップグレードでキャッシュがリセットされます。
  • 「表」ツールのユーザー インターフェースで安定性に関する問題が発生します。
7.3.0

このリリースで修正された Google Earth クライアントの問題

  • 一部の地域の地形画像タイルが欠けている問題を修正しました。
  • ツアーの音声を録音、再生できない問題を修正しました。
  • 音声を録音したツアーが保存されない問題を修正しました。
  • サイズの大きい KML データファイルを読み込むとクラッシュする問題を修正しました。
  • アプリケーション ウィンドウへのファイルのドラッグ&ドロップが機能しない問題を修正しました。
  • 「.kmz」を含むパスから KMZ ファイルを開けない問題を修正しました。
  • 高解像度の画像の保存時に高層部分が含められない問題を修正しました。
  • Windows インストーラで COM の登録が行われない問題を修正しました。
  • KML の埋め込み画像の一部が読み込まれない問題を修正しました。
  • 異方性フィルタリングが機能しない問題を修正しました。
  • スタートアップ ヒントの表示位置に関する問題を修正しました。
  • アラビア語のラベルが一部表示されない問題を修正しました。

変更点

  • Google Earth 無料版と Google Earth プロは 1 つのサービス、Google Earth プロに統合されました。
  • Windows: サポートされる最新バージョンが Windows 7 になりました。
  • Windows: インストールのデフォルトが OpenGL モードになりました。
  • Mac: サポートされる最新バージョンが Mac OS 10.8 になりました。
  • Mac: アプリケーションが 64-bit 版になりました。
  • Mac: アンチエイリアス オプションを使用できるようになりました。
  • 高解像度(「高 DPI」、「Retina」)ディスプレイに対応しました。
  • 修復ツールでキャッシュ データや設定のリセット、アプリケーションの起動に関する問題の修正が可能になりました。
  • 動画メーカー ツールで新しい動画形式がサポートされました。
  • 画像の保存と印刷、動画の作成のパフォーマンスが向上しました。
  • KML のバルーンで Web Inspector ツールを使用できるようになりました。
  • 目印のバルーンに HTML5 形式の動画(YouTube の埋め込み動画など)を表示できるようになりました。
  • 内部ウェブブラウザとセキュリティが改善されました。
7.1.7.2606
  • Windows XP との互換性の問題。
  • Earth プロが数分後にコンテンツの更新を停止します。
7.1.7.2602
  • 一部の Mac のインストールで起動の失敗が発生する 3dconnexion のフレームワークとの互換性の問題。
7.1.7.2600
  • Google Maps Engine や Google Earth コミュニティのメニュー項目を削除しました。
  • Google や Google Earth のロゴが新しくなりました。
  • [お気に入り] の項目を並べ替える際に発生するクラッシュを修正しました。
  • Google Earth プロ: Google Earth プロではライセンスが不要になったため、登録ダイアログが削除されました。
  • Windows: Google Earth 7 の再インストール時に発生するインストーラー エラー「1603」を修正しました。
  • Linux: フォント ダイアログなどのクラッシュを修正しました。
  • Linux: 32 ビットと 64 ビットのビルド間でのキャッシュ データの不一致を修正しました。
  • Linux: ディレクトリ「/usr/bin」の権限に関する RPM インストーラの問題を修正しました。
  • Mac と Linux: 3Dconnexion のコントローラ デバイスのドライバのサポートが更新されました。
7.1.5.1557
  • OAuth 1.0 のサポート終了に伴い、Google アカウントのサインイン処理が OAuth 1.0 から OAuth 2.0 に更新されました。
    Google Earth の以前のバージョンをご利用の場合、2015 年 5 月 30 日以降、Google アカウントを使用してサインインできなくなります。
  • Mac OS X の自動更新処理の問題を修正しました。
※このページは公式サイトから引用させていただきました。
引用元
リリース ノート - Google Earth ヘルプ
オールフリーソフト(トップ)ホーム地図・交通・旅行Google Earth→Google Earth - 更新履歴

セキュリティ
ウイルス対策
スパイウェア対策
 
CD/DVD/Blu-ray
ライティング
DVDコピー
 
ハードウェア
ディスクデフラグ
ハードディスク
 
システム
システム最適化・高速化
テーマ・スタイル
 
インターネット
ブラウザ
メール
 
ファイル/フォルダ
圧縮・解凍
エクスプローラ
 
音声・動画
音声・動画変換,圧縮
動画キャプチャ
 
プレーヤー
マルチメディアプレーヤー
ミュージックプレーヤー
 
画像
画像作成・加工
画像変換・圧縮
 
デスクトップ
プログラムランチャー
デスクトップアクセサリー
 
文書
テキスト・入力関連
オフィス
 
ホーム
地図・交通・旅行
カレンダー
 
オールフリーソフトでバックアップ
 
バージョンアップ情報
 
マルウェア(ウイルス)検出率
 
オールフリーソフトでDVDコピー
 
Windows 10 対応情報
 
人気ソフトTOP 20
 
対応OSの表記方法について
 
重要なお知らせ
 
サイトについて
 
サイトマップ
 
ブログ
 
リンク
 
Twitter
 
Google+
 
Facebook
 
お問い合わせ
 
RSS
 
マストドン
 
PVランキング
 
Copyright © オールフリーソフト All rights reserved